ぼけ封じ観音像

 

ぼけ封じ観音像

ぼけ封じ33観音霊場 第16番札所

この霊場会を発足したのは昭和59年3月。
65歳以上の高齢者が、ついに日本の人口の1割を突破して間もないときでしたが、
この割合は、時代が進むにつれて大きくなり、それに付随した社会問題が出てくる転換期でした。
この霊場会に先立つこと12年、昭和47年に、有吉佐和子作「こう愡の人」が社会に大きく
警鐘を鳴らし、大評判になりましたが、その中で「認知症老人を厚生省も見放している。」と言い、
「どうしても入院させたいのなら、今のところ特別な病院しか収容する設備は無い。」と言っている
状況からほとんど進展は見られませんでした。
確かに、いくつかの試みはおこなわれている状況で、赤字経営覚悟の老人性認知症専門の病院や病床、
リハビリステーションセンター等が作られてはいますが、まだまだ数える程の数しかなく、
昭和59年に全国で50万人といわれた認知症老人を抱えた家族は孤立したまま日夜奮闘している
状況でした。
この認知症老人が、21世紀に入ると、100万人を突破することは確実といわれ社会に及ぼす
物心両面の影響が憂われるところから、この霊場会発足の運びとなりました。

 

 

ぼけ封じ

トップへ戻る